ピルビスワーク協会認定講師一覧
JAPAN PELVISWORK ASSOCIATION
scroll

認定講師一覧

当協会に登録した認定講師により、認定講習・公開講座の講義・レッスンを行います。
【マスターピルビスワーカー】1・2級認定講習、公開講座を開催し、講師として活動できます。
【1級ピルビスワーカー】2級認定講習を開催し、講師として活動できます。
代表理事 ピルビスワーク創始者

立花 みどり

1980年代よりダンスエクササイズの指導を通じて、骨盤の動きが人と心の安定に影響することに気づき、独自の研究を進める。骨格、筋膜の性質を生かして、即効的に体型や顔立ちをリモデリング(再生)させる「骨盤メソッド」を考案し、高い評価を得る。
美しくなることで心身を活発にし、代替医療にも通じる美容健康法を誰もが実践する時代を築くために、2010年より骨盤メソッドの指導者を普及することを目的とした「一般社団法人ピルビスワーク協会」の中心を担い、全国で精力的なセミナー活動を行っている。
専務理事 マスターピルビスワーカー

荒川 恵里奈

明治学院大学心理学部理学科卒
幼少期よりダンスに触れ、ダンスチームでは常にリーダー役を担い、その時の経験をきっかけに指導者への道を歩む。
1997年より協会創設者である立花みどりに師事し、ピルビスワークを学ぶ。 2006年の大学在学中には手技による骨盤骨格調整法を習得。ピルビスワーク指導歴13年。現在は協会創設メンバーとして、協会の普及や講師活動を精力的に行う。

好きな食べ物:焼き鳥とハイボール(笑)

好きな映画:「チャーリーズエンジェル」かっこいい女性に憧れます♪
      「グレイテストショーマン」もう全部いい!


      

マスターピルビスワーカー

有田 麻里子

2000年よりフィットネスインストラクターとして活動を開始し、全国各地でのイベントプレゼンターやワークショップ講師、DVD出演、インストラクター育成などの活動を行う。
2008年にピルビスワークと出会い、骨盤を整えることが美容や健康、また身体能力の向上にも大きな影響を与える事を体感したことから、立花に師事し骨盤美容矯正法を学ぶ。
2009年より一般社団法人日本ピルビスワーク協会のマスター講師として活動を開始する。
2014年に自身の妊娠出産にピルビスワークを取り入れ、産前産後の体型や体力・気力の回復を短期間で叶え、その経験をもとに産前産後のママのケアと乳幼児のための骨育を精力的に普及活動している。
また自身がピルビスワークで克服した月経困難や生理痛といった女性特有の悩みの解消など、女性の心に寄り添ったサービスと指導を追求する。

◆好きな食べ物
生クリームたっぷりのイチゴショートケーキ♡
焼肉♡
◆好きな映画
オペラ座の怪人
グレイテスト・ショーマン
ミュージカルが大好きです♡
◆休日の過ごし方
3歳の息子と大きな公園ではしゃいでいます(^^)



マスターピルビスワーカー

藤野 慎士

2000年よりエアロビクスを中心にフィットネスインストラクターとして活動を開始。
全国各地のイベント出演やワークショップ講師をはじめ、DVD出演、モデルなど活動は多岐にわたる。また競技エアロビック選手としても活躍し、2005年にはシングル部門日本チャンピオンになる。
その選手時代に成績が優秀な選手と怪我をしない選手の共通点が骨格構造にある事に気づき、独自の探求をはじめる。
その中2008年にピルビスワークに出会い、長年悩まされた腰痛が改善されたことで、骨盤のゆがみを整える事が骨格構造に大きな影響を与える事を実感する。
また骨盤を整える事が身体能力の向上だけでなく、美容や健康増進も叶えてくれることに気づく。
2015年より、ピルビスワーク創始者の立花に師事し骨格美容矯正法を学び追求を深め、その容姿は一般愛好家だけでなく同業者をも魅了する。
骨格からアプローチした即効的なボディメイキングを得意とし、スタイルを良くしたいと願う美意識の高い女性から多くの支持を集める。

マスターピルビスワーカー

後藤 利与子

介護福祉士、健康運動指導士、日本女子体育短期大学体育科体育専攻卒。
フィットネスインストラクターの後、高齢者運動療法、介護予防運動など高齢者やその家族への運動指導を中心に活動する。
「予防は生まれた時から始まる」ことに気づき、赤ちゃんから高齢期の方まで「骨盤・背骨のケア=ピルビスワーク」によって、生涯に渡って身体の機能を十分に発揮するための指導を精力的に行う。
マスターピルビスワーカー

黒澤 美佳

大手フィットネスクラブの社員時代からエアロビクス、アクアビクス、ダンスエアロビクス、格闘技エクササイズなど幅広いジャンルへの指導経験を持つ。 
フリーへ転身後も活動を続けるが、同時に自身の身体の故障に悩まされる。 自身の身体を整えるためにも「骨盤矯正」や「ピラティス」の分野に目を向け、研究を始め、2007年から立花みどりに師事する。 
2009年から港区白金台にあるプライベートジムに所属し、ピルビスワークを中心としたパーソナルセラピーと助産師と連携した産後の女性向けのグループレッスンを展開している。
マスターピルビスワーカー

千葉 陽子

4才よりクラシックバレエを始める。1998年4月 日本女子体育短期大学体育科舞踊専攻入学。 クラシックバレエ、モダンダンス、ジャズダンス、日本舞踊(花柳流)、スペイン舞踊、タップダンス、エアロビクス、リトミック、パントマイム等を学ぶ。スタジオ・ベラームにて多胡寿伯子氏に師事、公演等に参加。2010年8月 天野式リトミック準拠健康体操指導員資格 2級取得 10月 ヨーガライフシステム研究所インストラクター養成コース修了 2012年8月 日仏文化協会 第4回東京バレエ講習会受講 8月 一般社団法人骨盤ダイエット協会 ピルビスワーカー1級認定 9月 一般社団法人ピルビスワーク協会マスターピルビスワーカー認定
マスターピルビスワーカー

足立 敏美

1995年よりフィットネスインストラクターとして活動。
同時期からエアロビック競技の活動中、腰痛に悩んだり
二人目の出産後に変形性股関節症が悪化した経験から
「正しい姿勢,動作」を一から勉強し直し指導にも活かしたい想いが強まる
2015年から、立花みどりを師事
2018年より、マスターピルビスワーカーとして活動を開始
ピルビスワークを通して骨格調整の大切さを痛感したことから
産後の女性の骨盤ケアの大事さに目を向け
2018年より
妊活、マタニティ、産後専門整体師としても活動を開始している