自立高齢者の運動器の機能維持と体力向上を目指します
専科第4種 介護予防・ロコモ対策ピルビスワーク

要介護状態の大きな原因である高齢による衰弱や転倒は下肢筋力低下の影響を受けるために、介護予防事業において筋力増強運動が高齢者に対して広く実施されるようになってきています。介護予防・ロコモ対策ピルビスワークでは、高齢者に対する筋力増強運動によるトレーニング効果をまとめ、ピルビスワーカーが果たすべき役割について運動指導者・介護士・医療従事者のみなさまへ提案します。

​介護保険制度の導入から要介護認定者数は上昇を続け、2000年4月末に218万人であった認定者が2004年8月末には400万人となり、わずか4年4か月間で約83%の上昇が認められました。この中でも、比較的障害が軽度な要支援・要介護1の認定者数の上昇が著しく、要支援が119%、要介護1では135%の増加が認められます。これは、介護保険制度が広く認知された結果であり、介護を必要とする高齢者に対するサービス供給の体制が整ったことを示唆する一方で、このまま要介護認定者数が上昇し続ければ、財政的に介護保険制度の存続が困難になると懸念されています。
このような背景から、要介護状態に陥ることを予防する、あるいは要介護度を軽減するための介護予防事業の重要性が認知されるようになってきました。
​介護予防とは

 高齢者が要介護状態に陥ることなく生き生きとした生活を送れるように援助することであり、現状においては対象や方法についての見解は一致していないため、各自治体が独自の判断で実施している状況にあります。
 介護予防のターゲットを考えるために、高齢者が要介護状態に陥った原因をみると、高齢による衰弱、転倒・骨折、痴呆、関節疾患が過半数を占め、生活習慣病のような重大な疾病以外の原因によるところが大きいです。これらは高齢期において徐々に顕在化する諸症状であり、老年症候群と呼ばれます。介護予防あるいは高齢者リハビリテーションを効果的にするためには、老年症候群の予防に焦点をあてた取り組みをする必要があると考えられます。
 要介護状態の大きな原因である高齢による衰弱や転倒は下肢筋力低下の影響を受けるために、介護予防事業において筋力増強運動が高齢者に対して広く実施されるようになってきています。

 本講座では、骨盤と脊柱の伸展と屈曲運動を伴う呼吸法で骨盤低膜・横隔膜・咽頭膜の強化と、脳への刺激量を増やすために手・足裏へのアプローチを行います。高齢者に対する筋力増強運動によるトレーニング効果をまとめ、ピルビスワーカーが果たすべき役割について提案します。

期待出来る効果

脚力低下防止/ロコモティブシンドローム(※)予防・改善/肥満改善/腰痛・関節痛予防改善/骨粗鬆症予防  生活習慣病予防/認知症予防/嚥下(えんげ)障害改善/尿漏れ・失禁予防改善
​ ※ロコモティブ シンドローム(運動器症候群)とは
 日本整形外科学会が、2007年(平成19年)に、新たに提唱し、「運動器(※)の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態になることです。
 「ロコモ」の提唱には、「人間は運動器に支えられて生きている。運動器の健康には、医学的評価と対策が重要であるということを日々意識してほしい」というメッセージが込められています。
  ※運動器とは、骨・関節・靱帯、脊椎・脊髄、筋肉・腱、末梢神経など、体を支え(支持)、動かす(運動・移動)役割をする器官の総称です。
【講座内容】
 ・介護予防における総合的評価
 ・介護予防における体力向上を目的とした運動プログラムの有効性
 ・ロコモティブシンドローム~ロコモチェック~
 ・介護予防ピルビスワーク~神経筋制御と固有受容感覚を高める~
   脳と末端の運動器とのコーディネーション/脳の神経細胞を鍛える運動
 ・ピルビスワークプログラム運動処方
   足裏・指先への刺激/手の平・指先への刺激/手の平や腕で身体を支える運動
   つま先や片脚で身体を支える運動/骨盤底筋のリハビリ/横隔膜のリハビリ
   舌筋のリハビリ/ミトコンドリアを増やすピルビスステップワーク

【講座時間】 5時間
【講座費用】 初回受講 43,200円(テキスト・DVD含む)
      再受講  19,800円
【受講資格】 入門講座修了者、2級ピルビスワーカー