妊娠しやすいからだの環境を整え、安産の為の身体を作ることは、出産後の育児にも役立ちます
専科第2種 妊活・産前産後ピルビスワーク

妊娠しやすいからだの環境を整え、安産の為の身体を作ることは、出産後の育児にも役立ちます。

ピルビスワーク妊活・産前産後プログラムは周産期の女性の身体へのサポートを目的とした骨盤運動療法です。妊娠・産褥期の女性の身体的ストレスをサポートするための適切な骨盤ケアが重要視されていながらも、正しい知識や骨盤ケアの方法が知られていないのが現状です。これから妊娠・出産を考えている女性、妊娠中、産後のお母さんから、トレーナー・インストラクターなどの運動指導者、助産師・看護師などの医療従事者や治療家の方へ正しい周産期の運動指導について指導しています。

骨盤を整えることの重要性

運動不足や悪い姿勢を招かないようにするために
頭や正しい姿勢を支える土台である骨盤。脚の動きの根元も骨盤にあるため、骨盤周囲には多くの筋肉と血管があり、骨盤を動かすたびに筋肉が動き、骨盤内に位置する卵巣や子宮周りの血流が改善されます。
逆に、運動不足や悪い姿勢が続き、骨盤内の血流が悪くなると、卵巣や子宮に影響が出て、妊娠力が低下します。
これは女性に限らず男性も、精巣内の血流が悪くなると精子の形成に影響がでるため、妊娠できるからだの条件で重要なのは、体温を上げて基礎代謝を高めることです。冷えから血流が悪くなり、ホルモンバランスが崩れる場合もあります。
露出の多い服装や、からだを締め付ける服装も血行を妨げるので、保温性のあるゆとりのある下着や服装を選ぶと良く、特におなか周りをできるだけ温かく保つように指導します。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

妊娠前のピルビスワーク効果

骨盤が左右対称で股関節の動きが正しければ骨盤は逆▽の形を保ち、骨盤内の子宮・卵巣へ充分な血液を送れるため、子宮内膜が厚くなります。
さらに、骨盤と後頭骨の連動運動を繰り返すため、背骨の動きもしなやかになります。骨盤から背骨の動きが活発になると神経系・ホルモン系の働きにも良い刺激が伝わるため、気分が明るく前向きになります。この気持ちの高揚がさらに身体の働きを高め、自律神経系、ホルモン系、血液・脳脊髄液の働きを活性化し、妊娠に適したからだができます。

出産前のピルビスワークで期待できる効果

生理の習慣がある女性は、男性に比べ、高い骨盤の可動性が必要であり、産後、さらに更年期に下方向に広がる傾向が強い全ての女性は、骨盤底筋のコントロールを身につける必要があります。
特に、出産による骨盤底筋や骨盤内の臓器へのダメージを最小限にするためにピルビスワークは重要です。
ピルビスワークは骨盤内の臓器すべて、特に、子宮や膀胱に対するサポートを維持するために重要であり、骨盤の動きと呼吸が自然に連動出来るようになることで、出産時のコントロールが楽になり、産後の骨盤底筋群の回復と骨盤の機能回復がより順調になります。
また、脚や腰、股関節など出産時に必要な筋肉を鍛え、関節を軟らかくすることで、楽な分娩につながり、関節の可動域を上げて筋肉の収縮を起こすことで、肥満を防ぎ、腰痛や肩こり、便秘や痔、静脈瘤などを予防する効果もあります。
ピルビスワークは日常生活の中で毎日行うことができます。椅子に座っていても、道を歩いている時も行えるバリエーションがあり、トリートメントと合わせて、不快感を和らげます。無理なく全身運動が行えるので、血流が良く、静脈瘤などを軽減し、酸素の取り込みが良くなるために、母体の体力を維持しながら、赤ちゃんへの栄養の供給が高くなります。

産後のピルビスワークで期待できる効果 

出産後は、十月十日かけて大きくなった赤ちゃんと一緒に羊水も胎盤も排出されるため、骨盤内はスカスカ、ホルモンの影響で骨盤はグラグラと緩んでいる状態になり、お腹に力が入りずらくなります。
この状態のまま、育児で動き回ったり、産後の体型を元に戻そうと急激な運動をすると骨盤低筋にはかなりの負荷がかかるため、空いた隙間への内臓の下垂、骨盤が緩んだまま戻らないなど返って「産後太り」の原因を作ってしまいます。分娩直後は子宮と骨盤の回復を最優先とします。そうすることで、腰痛や尿漏れ等の産後のトラブルを回避していきます。
出産は女性の骨盤が最も大きく開くとき。よく開いた骨盤はよく閉じます。産後の骨盤ケアを正しい知識と方法で行えば、出産前よりもキレイな姿勢・体型にすることが可能です。ピルビスワークの産後骨盤ケアでは、主に骨盤呼吸・吸縮呼吸・骨盤高位を行い、骨盤低膜と会陰部の収縮をコントロールすることを身につけ、子宮の戻りを順調にし、内臓下垂、便秘、痔、腰痛などの産後特有の疾患を回避します。
項目を追加

講座内容

 ・ファータイルピルビスワーク 
   卵子の老とは/ミトコンドリアとは/ミトコンドリアを増やす運動処方
   女性ホルモン・月経周期について/ピルビスワークで生理周期を整える
   プログラム運動処方
 ・マタニティピルビスワーク
   妊娠中の身体の変化/妊娠中の運動について~やっていい運動いけない運動~
   むくみ・つわり・腰痛などのマイナートラブルの軽減/楽な出産のためのピルビスワーク
   プログラム運動処方
 ・アフターバースピルビスワーク
   出産でダメージを受けた骨盤を回復させる/出産前後の骨盤の変化
   産褥期の過ごし方/産後のピルビスワーク/骨盤ベルトの適切な巻き方
   プログラム運動処方

【講座時間】 5時間
【講座費用】 初回受講 43,200円(テキスト・DVD含む)
      再受講  19,800円
【受講資格】 入門講座修了者、2級ピルビスワーカー