動くからだの仕組みを理解して「動きのコーディネーション」を上達させる訓練方法を学びます。
専科第1種 身体技法ピルビスワーク

ピルビスワーク身体技法は、動く身体の要である骨盤、背骨、股関節の連結を上達させて、脳への神経伝達を活発にして脳と体のコーディネーションを高める、中・上級者向けプログラムです。

ダンサー・アスリート・スポーツトレーナー・フィットネスインストラクターなどの身体能力・パフォーマンス力の向上を主な目的としています。

コーディネーショントレーニングとは?

神経系の運動能力を高め、運動神経を鍛える今注目のトレーニング方法
1970年代に旧東ドイツのスポーツ運動科学者によって考案され、欧米で以前からトップアスリートの養成に利用されてきました。トップアスリートから高齢者、障害者、幼児の運動指導にも活用されており、全国の教育機関、スポーツクラブ、プロスポーツの現場でも続々採用されています。スポーツ選手の動きを見て『センスがいい』、『身のこなしが軽い』、『状況判断が優れている』等と表現する時、それはコーディネーショントレーニング能力が高いということです。

コーディネーションの7つの能力

「コーディネーション」の能力には、定位能力、反応能力、能力分化、リズム能力、バランス能力、変換能力、連結能力の7つがあります。これらは運動神経の発達を促し、スポーツ全般の運動能力に大きく関わるだけでなく、音楽やダンス、更にはコミュニケーション力や学習能力にも関連している能力です。
 現在、世界中には様々なコーディネーショントレーニングの理論が存在します。7つの能力(定位・反応・分化・リズム化・バランス・変換・連結)能力のコンセプトは、コーディネーショントレーニングの最もスタンダードかつトラディショナルな、基本的なコンセプトとして広まっています。日本においても最も普及しているコーディネーショントレーニングのコンセプトです。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

ピルビスコーディネーショントレーニングによる姿勢改善

自宅で気軽に体操をやってみたい方へ
骨盤と脊柱、股関節の連動運動を重要視して「動きの中での姿勢の改善」を上達させることで、今までに無い効果が発揮できるはずです。姿勢は競技に関する特殊なフォーム(姿勢)だけではなく、自分の体の本来の能力を発揮する為のフォーム(自然体の姿勢)が存在します。ピルビスワークは自然体の姿勢の改善方法であり、姿勢を整えることで発揮する更なる能力の形成にもつながります。

ピルビスコーディネーショントレーニング

回復力を高める骨盤呼吸の応用
アスリートは肉体と精神の回復をどのようにしているのでしょうか?栄養吸収と睡眠とメンタルトレーニングやスポーツマッサージに頼っているのではありませんか?実は疲れているとき、人は神経系やホルモン系のバランスも崩れていることが多くあります。ピルビスワークの骨盤呼吸の応用やPNFピルビスストレッチの実施でより早い回復を促しましょう。
項目を追加

講座内容

・ピルビス身体技法でコーディネーション能力を高める
・筋肉のはたらき
・脳のはたらき/脳幹のはたらきを高める
・ピルビスコーディネーションで養う7つの能力 実技~成果検証
・骨盤呼吸~吸縮呼吸
・座位のピルビスワーク
・リンバリング
・首、肩、股関節の動き
・仰臥位のピルビスワーク
・コアの回旋~V字バランス
・腹臥位のピルビスワーク
・スクワット
【講座時間】 5時間
【講座費用】 初回受講 43,200円(テキスト・DVD含む)
      再受講  19,800円
【受講資格】 入門講座修了者、2級ピルビスワーカー