Pelvic floor muscle care

骨盤底筋ケア
パーソナル
モニター募集のご案内


当会では、従来の姿勢改善、ボディメイクの技術に加え、骨盤底筋のケアとトレーニングご案内。

日時
令和3年◯月◯日(〇)◯(〇)
受付開始◯月◯日

先行申込特典有
申込〆切◯日まで

広げる
湾岸を埋め立て土地を広げる
そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
頻尿・尿モレ
の不安がある方
出産や加齢の影響で尿モレの不安がある方、将来に備えたい方は骨盤底筋トレで改善を目指します
PMS・生理痛などの
月経困難がある方
ホルモンの影響を受けやすく、体調が不安定な方は、骨盤底筋のケアをオススメします。
産前・産後
の方
出産による骨盤と骨盤底筋のダメージをケアとトレーニングで回復させます。
更年期障害
を感じる方
顔のほてり、気分の浮き沈みが激しいなどの症状も、骨盤底筋の筋力低下が要因の一つです。
肩凝り・腰痛
冷え性
慢性的な体の痛みや疲れも実は骨盤底筋の衰えから来ていることもあります。ケアトレーニングを実践してみましょう。
アンチエイジング
をしたい方
若々しさは姿勢と動きに表れます。骨盤底筋のケアとトレーニングは後ろ姿、顔立ちの若さを引き立たせます。
項目を追加

タイトルが入ります。

サブタイトルが入ります。
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

今注目の骨盤底筋の
ケア&トレーニング

インナーユニットから整える
 骨盤底筋を鍛える重要性はすでに注目されていますが、骨盤底筋は腹部のインナーユニット
〇腹横筋
〇横隔膜
〇多裂筋
〇骨盤底筋
が互いに影響し合うことでその働きを発揮しています。排尿・排便・性交に影響するだけでなく、足の力や呼吸にも関わり、メンタルにまで影響するとても重要な筋肉です。

運動習慣が無くても
安心な呼吸法

背骨と骨盤を連動させる骨盤呼吸運動のピルビスワークはインナーユニットを効率良く使えるストレッチで、運動習慣の無い方や運動が苦手な方、体力が低下している方でも無理なくインナーユニットの筋収縮が起こせる機能性の高いストレッチです。

運動不足が引き起こす老化

リモートワーク・巣ごもりライフが影響している
ピルビス骨盤底筋ケアトリートメントは、一人では日常うまくストレッチが出来ない方や、座り時間が長く、加齢や楽な生活習慣の中で骨盤底筋周囲が硬くなってしまい、インナーユニットの収縮が感じ辛くなってしまっている方のために
作られた心地良いプログラムです。

専門家による運動とケア
のWプログラム

具体的に何に取り組んだらいいか個別処方を行います。
ピルビス骨盤底筋ケアリストの手による骨盤の歪み改善と骨盤底筋の硬直を緩めるトリートメントストレッチ
        +
簡単に行えるインナーユニットと足裏を鍛えるセルフケア体操
パーソナルサロンでのみ楽しめる、
ピルビス・Wケアプログラムはあなたを最適な身体に仕上げます。

項目を追加

一般社団法人日本ピルビスワーク協会は
みなさまの美と健康を応援します!

骨盤底筋のケア&トリートメントを
行う9つのメリット

今注目のアンチエイジング方法
その1 
その2 
その3 
その4 
その5 
その6 
その7 
その8 
その9

充実したプレマタニティ&マタニティライフ

もう一つの命が体の中に宿り、女性の生涯の中で大きな変化が多い大切な時間
妊娠中ママの気持ちや身体が安定していることは、お腹の赤ちゃんの発育に大切なことです。
身体がつらいと、気持ちも悲観的になりがちです。健康なからだとこころでお腹の赤ちゃんを育て、温かな気持ちでこの世に迎えてあげるために、ピルビスワーク協会では、一人でも多くの妊婦さんの身体を楽にするために、妊婦さんでも安心して行える骨盤運動やリラクゼーション効果の高いケアを行います。
骨盤運動ピルビスワークは自律神経を安定させ、ホルモンのバランスを整えるための背骨と骨盤を動かす重要な運動です。
お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、妊娠中に大量に分泌されるホルモン”リラキシン”の作用で関節や靭帯を緩めます。体重が増えるのに関節がゆるい状態では、骨盤や背骨がゆがみやすくなります。さらに筋肉の弱い女性は、大きくなったおなかを支えるのがたいへんで、悪い姿勢やガニ股歩きになり、これらが腰痛や肩こりの原因になります。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

産後の体型が気になるママたちに

赤ちゃんが生まれて安心のひと時に、ママは育児に備えて、骨盤と体力のリカバリーの準備を
「広がった骨盤はどうしたらいいの?」「産前のスタイルに戻せるかな?」に留まらず、尿もれや便秘に悩まされる事もあります。
妊娠で開いた骨盤はある程度自然と閉まりますし、産後ベルトでしめる方も多いですが、それだけで正しい位置に戻すのは困難なのが現状です。
骨盤運動ピルビスワークで骨盤を正しく整えることは、産後の育児や女性の身体にとても重要な成果を表します。
妊娠中の10ヶ月間、2~4キロの赤ちゃんをおなかの中で抱えていたので、産後はどうしても骨盤底筋群が傷み、背骨や骨盤がのゆがみやすくなります。そのゆがみを放置することで、育児中に腰痛や肩こり、腱鞘炎などの今まで経験したことのなかったような症状がでやすくなり、楽しい育児も疲労しきったからだとこころでかわいい赤ちゃんのお世話をしないといけないことになります。
この時のママの不調や不安を一番敏感に感じて影響をうけるのはあなたの赤ちゃんなのです。

全ては新生児の健康のために

幸せ感じる温かな育児ができるように
肩こりを放置するだけで、おっぱいは出にくくなります。血流が悪くなり、おっぱいが出にくくなるのです。骨盤や背骨のゆがみを放置すると自律神経の働きも乱れ、内臓の不調を感じやすく、体調てまは下半身太りやむくみの原因になります。
産後鬱のシンドロームにならないためにも、骨盤底筋群を早く回復させて骨盤運動ピルビスワーク背骨と骨盤の配列を正せば、幸せ感じる温かな育児ができるようになります。
項目を追加