Facial stretch massage

顔コリ解消!
顔骨筋フェイシャル
テクニック習得講座


【対象者】
ピルビスワーカー
セラピスト/トレーナー/インストラクター
レッスン自主開催・パーソナルケアサロン
パーソナルジムの開業・運営を考えている方


サロンやパーソナルトレーニングに
顔骨筋ケアメニューが導入できる
3日間の集中講座のご案内。

日時
令和3年◯月◯日(〇)◯(〇)
受付開始◯月◯日

先行申込特典有
申込〆切◯日まで

悪姿勢から骨盤周囲の筋バランスが崩れ
肩こりや首こり、腰痛などに悩んでいる方が多い中
それが影響して深刻な「顔のコリ」
まで生じているのをご存じでしょうか。

いつのまにか疲れた顔、老け顔、冴えない表情
マスクに隠された肌荒れのトラブル
で起こしてしまいます。

特に体幹部の一番下で
姿勢を支える骨盤底筋のコリ(老化)を放っておくと、
呼吸をコントロールする横隔膜や
飲み込む喉や舌の力に影響する
咽頭膜までコリが進み
「怖い顔」「無表情」「ゆがんだ顔」「むくんで巨大化した顔」
になり肌の張りや艶にまで悪影響します。

こんなこと気になっていませんか?

これらの原因は骨盤底筋の老化かも
・肩や首のコリや疲れを感じる
・顔の筋肉が凝ってる感じが
・顔がむくやすい
・小顔になりたい
・フェイスラインのたるみが気になる
・顔色が冴えない
・歯ぎしりであごが痛い
・口元が緩んでいる
・エラの張りが気になる
・顔の左右差が気になる
・ほうれい線が深くなった
・肌に張りが欲しい
・目が重く、疲れ目である
・顔の表情を和らかい笑顔になりたい

タイトルが入ります。

サブタイトルが入ります。
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

これらのトラブルの原因は
インナーユニットの衰え

今必要とされている骨盤底筋のケア&トレーニング
 骨盤底筋を鍛える重要性はすでに注目されていますが、骨盤底筋は腹部のインナーユニット
〇腹横筋
〇横隔膜
〇多裂筋
〇骨盤底筋
が互いに影響し合うことでその働きを発揮しています。排尿・排便・性交に影響するだけでなく、脚の力や呼吸にも関わり、メンタルにまで影響するとても重要な筋肉です。

インナーユニットを鍛える
ための骨盤呼吸運動

ピルビスワーク~骨盤呼吸~
当会では、クライアントの体をインナーユニットを効率よく使えるように導くために、背骨と骨盤を連動させる骨盤呼吸運動ピルビスワークを指導しています。
本講座で横になったまま、座ったまま、立ったままなど様々な生活シーンに対応できる骨盤底筋のトレーニングテクニックを具体的に習得します。
運動習慣の無い方や運動が苦手な方、体力が低下している方でも無理なくインナーユニットの筋収縮が起こせる機能性の高い呼吸法を主軸としたテクニックです。

具体的なアプローチが
未開な骨盤底筋エリア

人々の美と健康を導く専門家の方のための講座
〇施術だけでは成果の定着につながらず、ホームケアとしてのエクササイズ指導が必要と感じているセラピストさん

〇トレーニング指導だけでなくクライアントの体調管理や痛みのケアまで導きたいトレーナー・インストラクターさん

〇産前産後のマイナートラブルの予防改善のためのケアやトレーニングを導入したい助産師さん

〇症状の緩和や予防のための運動処方の必要性を感じている医療従事者のみなさま

にこそ受けて頂きたい、骨盤底筋のケアとトレーニングに特化した特別講座です。


項目を追加

講座内容

【座学】
1.骨盤底筋群が機能するためのメカニズム
2.会陰部の解剖と骨盤底筋群の筋層の特定  
3.インナーユニットの解剖と腹腔圧の低下による骨盤内臓器下垂の特徴

【実践】
4.仰臥位で腹腔圧をコントロールする
 ピルビスワークテクニック
5.座位で腹腔圧をコントロールする
 ピルビスワークテクニック
6.立位で腹腔圧をコントロールする
 ピルビスワーク滴ニック
講座概要
Lecture summary
項目
テキスト
講座名
尿もれ改善骨盤底筋運動講座
開催日時
令和3年◯月◯日(水)◯(木)
受付開始◯月◯日
受付最終日◯日を予定 
会場
U-balからだ塾セミナールーム
 JR線「錦糸町」駅 南口より徒歩5分
 半蔵門線「錦糸町」駅 1番出口より徒歩5分
>>>ACCESS
場集人数
16名
受講料金
57,200円

対象者
ピルビスワーカー・インストラクター・トレーナー・セラピスト
理学療法士、作業療法士、医師、看護師、助産師等
備考
・妊娠中または妊娠の可能性のある場合は受講できません。
・本実技は医師や医療施設での治療とは異なり、健康意欲の高い方々の健康度合をより高くするために活用できるものであり、産後のリカバリー、更年期に起こりやすい症状の予防や改善のために有益な運動方法です。
項目を追加