運動の上達のカギは「ドーパミン」

Home - コラム - 
骨から見直す体型美。今回は女性ならだれもが気になる「体型」について。健康な体は美しいという思想に基づいて解説します。美しい顔立ちとプロポーションの基本は骨格です。立っているだけでかっこよく、華やかな人は骨格のバランスが良く姿勢がキレイです。
骨格の位置が正しければ神経が正常に働くため、不快な症状や不調も無く、基礎代謝の高い元気なエネルギーに包まれた身体が保たれます。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

どう座ってる?日常の姿勢に注目

すぐにできることとして、普段から姿勢に気を付けることをオススメします。
良い姿勢が呼吸を整えて、全身の血液循環をスムーズにします。

座る姿勢も影響します。一日の大半をデスクワークで過ごす方は、機能的かつ美しい座り方を追求しましょう。

私は背骨の土台となる骨盤の中心にある仙骨の偏りが骨格全体に影響して悪い姿勢やプロポーションの崩れを引き起こし、しなやかな動きを妨げてしまいます。

歩く座るなどの基本動作には一人一人クセがあります。クセを直すには意識することから。
美しいボディラインを手に入れるために普段から、背骨や姿勢にある自分のクセに気づくように意識しましょう。
項目を追加

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

身体の使いグセは乳幼児期にできる

乳児は寝返りできるようになると、手の力で床を押して頭を持ち上げた瞬間から「上」という方向があることを知ります。同時に、両親の姿を目で追いながら、座る立つなどの姿勢を真似て自分の姿や動きに移していきます。早ければ、3歳ぐらいになると、姿勢や歩き方、何気ないしぐさや言葉の使いグセまで!?両親にそっくりになっています。ご自身でも意図せず体型やしぐさが似ていると感じることはありませんか?

身体の歪みはこのときから根付いていくことになり、姿形の美しさや筋肉や関節の可動性、体調、体質の基本が乳幼児期に身についてしまいます。

遺伝的なことだけでなく、両親の身体に対する興味や意識が子に直接影響しているのです。
項目を追加

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

女子の身体は思春期に大きく変容する

特に女子は初潮を迎えるときに体型が大きく変容します。

妊娠準備のためのホルモンの影響で骨盤が開く傾向になり歪みが大きくなってしまいます。

また、日本人の女性は背骨が曲がっている側弯症の方が多く、それは左脚を軸足として、右側で大きくて強い運動をするようになることが影響して、右脚の股関節の開きが大きくなり骨盤にも左右差ができてしまいます。

骨格の左右差が大きい人がやみくもに筋トレや強引なストレッチをしてしまうことで体型を悪くする事もあるのです。

逆に、この時期に運動習慣が無い体は骨格を支える筋力が未発達のまま成人していくことで、大人になってからも骨格がゆがみやすく、体型の崩れや体調不良の悩みが次々に出てきます。
熱心に運動に励んだ人でも、体の使いグセの影響が強く表れるため、どちらも骨格全体にその歪みが反映して、姿勢やプロポーションに現れるのです。

項目を追加

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

美しいプロポーションの基本は骨格のバランスを造ること

最近は多くの方が歪みをケアする人が増えていますが、骨格や関節のケアで体がラク動くようになることで基礎代謝も上り、気力体力にも効果があります。

骨格や関節の動きを整える事は、体の内側と外形を同時に整える効果の高い美容健康法です。 

骨盤は体の中心にあり、腹部やヒップ、バストの土台になる骨ですから、骨盤が正しい状態で機能していれば、ヒップが上がって腰痛の予防にもなり、股関節から膝下の内側へのねじれが正されるように歩けばふくらはぎも脚の後ろ側に収まり歩くたびに美脚ラインが造られます。 

まさに大人な女性のしなやかなbodyラインです。

さらに全身の歪みが解消されると筋肉のコリが和らぎ、血流が改善されてむくみにくい代謝の高い体になります。

反対に、骨盤が開いた状態で傾くと、膝下がねじれて下半身が太くなり、背骨や肩甲骨にも影響して猫背になったり下腹が出たりしてしまいます。

女性は脚力が弱く、足裏で床を踏む力が弱いので股関節の安定が悪く骨盤が開く傾向があります。

また生理周期によるホルモンバランスの変化によって筋肉が緩むのでさらに骨盤が開きがちになります。

生理開始日から数えて7日目ぐらいはヒップ周りの筋肉が締まって骨盤は引き締まる傾向の体になり、この日から1週間はダイエットの成果が上がりやすく、肌質も整えやすい、体のゴールデンウィークにあたります。
1ヵ月のうちのたった7日間ですが、毎月このタイミングに骨格と姿勢をリセットすることで美しいbodyラインの魅力的な女性がつくられるのです。
項目を追加

月1回の骨格と姿勢のリセット

立花みどりの直接指導
【パーソナル ピルビスボディメイク】

骨盤底筋コントロール法講座

12/1 (土) 11:00-12:30 会場:六本木

弱りやすい、緩みやすい女性の骨盤底筋をコントロールすることで、不定愁訴の上位を占める、腰痛・肩こり、・生理痛が改善するメカニズムとその具体的な方法をお伝えします。
【対象者】
産後の女性
出産前なのに尿モレでドキッとしたことがある方
下腹だけが痩せない方
お客様や生徒さんに骨盤底のトレーニング法を伝えたいコーチ・トレーナーの方々
ピルビスワークのクラスを担当している講師の方々
さらに、今回紹介するメソッドはボディメイクも効果抜群!骨盤底筋を鍛えるだけで、
骨盤周囲-10.00cmも夢ではない、すべての体型の崩れ、不調の原因は
骨盤底筋を鍛えることで改善に向かっていきます。
運動には自信がない方でも安心して行っていただけるよう、
仰向けに寝たまま、椅子に座ったまま、
日常に取り入れられるトレーニング法を厳選してお伝えします。
90分で完結講座、お気軽にご参加ください♪
参加費 一般/4,000円 会員/無料

6名限定講座(残席わずか)