骨盤体操で妊娠体質がつくれる!

Home - コラム - 
妊娠しやすい体づくりは「今」からすぐに始められます。妊娠体質作りに「運動」を取り入れることで、栄養療法や治療の効果が大きく変わります。

治療も真摯に取り組んでいるのになかなか成果に繋がらない方は、トータル的に土台となる体づくりが必要になります。

運動は苦手、したことが無いという方でも安心して行える、妊娠体質をつくるための運動とその効果について解説します。

なぜ運動で妊娠体質が
つくれるのか

健康維持のため、ダイエットのため、何においても大事なのは「栄養・休養・運動」必ずこの3点セットが出てきます。
もちろん、妊娠体質をつくるためにもこの「栄養・休養・運動」が大事。
では運動すると何にいいのでしょうか?
ウォーキング、ヨガ、テニス、ゴルフ、ダンス・・・
いわゆる運動をすると、筋肉の収縮頻度(動く回数)が通常より上がります。
筋肉が収縮する際、筋肉に沿うように走行している血管が同時に揉まれるため、血液が筋肉に押し出されるようにして先へ先へと送られていき、血液の流れが速くなります。
これをミルキングアクションといいます。
こうなりますと、体温が上がり、汗をたくさんかいて、運動後のあの爽やかな気分が生まれます。
普段、椅子に座ってデスクに向かっているとき、本を読んでいるときなどの安静時は、筋肉の収縮が姿勢の維持以外にほとんど行われないため、 このミルキングアクションが起こらず、血液は心臓の力だけで全身に送り届けなければならないため 血液の流れが悪くなりやすく、その状態は手足の冷えや下半身のむくみなどに表れます。 

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

妊娠体質づくりには血液の力が必要不可欠

食事やサプリメントで摂取した栄養や、体内で分泌されたホルモンは血液に乗って各臓器へ運搬されます。

質の良い卵子や子宮内膜の状態を整えるのもこの血液の力が必要です。

栄養療法もやってるのに、治療もしてるのに成果になかなか繋がらない場合は、もしかしたらこの血液の力が弱っているのが原因かもしれません。

血流改善は日常生活の中で意欲的に取り組むことでも効果が期待できますので、ぜひ運動を取り入れましょう。
項目を追加

骨盤を整えることの重要性

頭や正しい姿勢を支えている土台である骨盤。脚の動きの根本も骨盤にあるため、骨盤周囲には多くの筋肉と血管があり、骨盤を動かすたびに筋肉が動き、骨盤内に位置する卵巣や子宮周りの血流が改善されます。
逆に、運動不足や悪い姿勢が続き、骨盤内の血流が悪くなると、卵巣や子宮に影響あ出て、妊娠力が低下します。

これは女性に限らず男性も、精巣内の血流が悪くなると精子の形成に影響が出るため、妊娠できるからだの条件で重要なのは、体温を上げて基礎代謝を高めることです。冷えから血流が悪くなり、ホルモンバランスが崩れる場合もあります。

露出の多い服装や、からだを締め付ける服装も血行を妨げるので、保温性のあるゆとりのある下着や服装を選ぶとよく、特におなか周りをできるだけ温かく保つようにしましょう。
骨盤が左右対称で股関節の動きが正しければ骨盤は逆三角形の形を保ち、骨盤内の子宮・卵巣へ十分な血液を送るため、子宮内膜が厚くなります。
さらに、骨盤と後頭骨の連動運動を繰り返すため、背骨の動きもしなやかになります。
骨盤から背骨の動きが活発になると神経系・ホルモン系の働きにも良い刺激が伝わるため、気分が明るく前向きになります。この気持ちの高揚がさらに身体の働きを高め、自律神経、ホルモン系、血液・脳脊髄液の働きを活性化し、妊娠に適したからだができるのです。